« 新庄市共同体訪問 | トップページ | 桜もちらほら »

2005年4月14日 (木)

ガーナへの宣教師

 神言会の会員で昨年10月に司祭に叙階され、この5月に宣教師としてアフリカのガーナへ派遣されることになった三枝師が、出発前の挨拶にと新潟を数日間訪問してくれました。三枝師は私が10年ほど前に名古屋で神学生の指導担当をしていた頃、志願生(いわゆる哲学生で、神言会では大学の1/2年生)で、夜遅くまで飲んで語り合ったものです。日本からのガーナへの宣教師派遣は私に次いで二人目となります。これからの健闘を祈ります。
 この1週間は新潟に「珍しく」おります。おりますが、抱えている講演やら原稿やらの準備で、もっと時間が欲しい、です。
 新潟は本日、桜の開花宣言がありました。やっと春になりました。市中心部の信濃川沿いではチューリップの祭りも開かれているようです。

|

« 新庄市共同体訪問 | トップページ | 桜もちらほら »

司教の日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153507/7181227

この記事へのトラックバック一覧です: ガーナへの宣教師:

« 新庄市共同体訪問 | トップページ | 桜もちらほら »