« インドから帰国しました | トップページ | 酒田教会訪問 »

2005年4月 8日 (金)

教皇様葬儀


 本日は故ヨハネパウロ二世教皇様の葬儀の日でした。それにあわせて東京カテドラルでも司教団主催の追悼ミサが11時から行われました。ミサには天皇陛下の名代として皇太子様が参加され、政府からは杉浦官房副長官と谷川外務副大臣が参加されました。参加された方には聖体拝領の途中になぜ拝領祈願から告別式へと進んでしまったのかといぶかしく思われた方も多かったと思います。実は宮内庁から、皇太子様がこういった式に45分以上(だったと思います。正確ではないかもしれません)参列するという前例がないという申し入れがあり、12時2分には退出されるということで、それにあわせて拝領祈願の時間が決まっておりました。ま、教皇様は宗教の指導者でもありながら同時に政治の世界では国家元首ですから、プロトコール上はそんなこともあろうさ、というところです。政治的立場でのバチカンと教皇様の言動と、その宗教的立場を混同して語る方も若干おられるので・・・。
 新潟教区でも本日夜7時より追悼ミサを行い、270人を超える方々が参加して下さりました。ありがとうございます。次は18日から始まる教皇選挙のために祈りましょう

|

« インドから帰国しました | トップページ | 酒田教会訪問 »

司教の日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153507/7181224

この記事へのトラックバック一覧です: 教皇様葬儀:

« インドから帰国しました | トップページ | 酒田教会訪問 »