« カリタスジャパン新潟視察(その2) | トップページ | 茅ヶ崎教会 »

2005年7月 1日 (金)

新教皇大使と


 昨日(6月30日)は、この度新しく日本へ赴任されたばかりの教皇大使アルベルト・ボッターリ・デ・カステッロ大司教が、潮見のカトリック会館を訪問され、職員と歓談後、6時から司教団との夕食歓迎会が行われました。全国から都合のつく司教10名が参加しました。これまでアフリカの小国に派遣されていたこともあり、信徒の規模が小さな日本の教会に、これほど巨大な中央協議会があることに驚かれた様子でした。建物はバブル期の遺産ですから立派ですが、台所は火の車なのですが。
 夕食会では司教の自己紹介がありましたが、大多数の、特にローマ留学組がイタリア語ぺらぺら(の如くに感じたけど)なのには驚きました。最も大使は外交官ですから、英語もとても良くできます。私はイタリア語は、だめですから。
 私は、明日土曜の午後には神奈川県の茅ヶ崎へ出かけます。日曜日に茅ヶ崎教会で講演会の予定です。
 写真はカトリック会館6階のカリタス事務局で、私と教皇大使。

|

« カリタスジャパン新潟視察(その2) | トップページ | 茅ヶ崎教会 »

司教の日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153507/7181293

この記事へのトラックバック一覧です: 新教皇大使と:

« カリタスジャパン新潟視察(その2) | トップページ | 茅ヶ崎教会 »