« 聖体奉仕会(続き) | トップページ | 三条教会訪問 »

2005年7月10日 (日)

あの豪雨からもう一年です

 今日は珍しく特別な予定の無い一日でした。明日は三条教会を訪問します。昨年7月13日に豪雨と洪水が、三条などを襲ってからもう一年です。被災から一週間後に、三条の佐藤師の配慮で被災地を訪れることが出来ました。あれが私の新潟での仕事始めのようなものでした。あれから一年、復興への感謝とまた今後への保護を願いながら、三条教会の方々と明日のミサを捧げて参ります。
 ロンドンではとんでもないテロ事件が発生しました。どんな理由があれ、人間の命を奪うことは許されるべきではありません。平和についてさらに深く考えさせられる事件です。犠牲になられた方々や、怪我をされた方々のために、心から祈りたいと思います。司教団が先に発表した平和メッセージには、賛成する人たち、疑念を呈する人たち、いろいろな意見が寄せられているようです。私自身の平和への思いは、「OPINIONなどなど集」に収録しておきました。
 写真は1995年4月11日のルワンダ難民キャンプ襲撃事件を、生き延びた子供たちが日記風に描いた絵です。

|

« 聖体奉仕会(続き) | トップページ | 三条教会訪問 »

司教の日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153507/7181299

この記事へのトラックバック一覧です: あの豪雨からもう一年です:

« 聖体奉仕会(続き) | トップページ | 三条教会訪問 »