« 茅ヶ崎教会 | トップページ | 聖体奉仕会修道院訪問 »

2005年7月 5日 (火)

教区司祭静修


 昨日(4日)夕方から本日の昼まで、月例の教区司祭静修が行われています。病気の方以外全員が参加され、昨夜は様々な教区の課題についての意見交換が行われました。
 静修は昼のミサで終わりですが、私は午後から秋田へ出かけます。その後木曜日にはカリタスの会議のため、東京へ出かける予定になっています。
 昨日は合衆国の独立記念日でした。ブッシュ大統領の演説の要約を見て、いやはや人間というのは全く同じ現象を目にしても、人によって立場によって、理解の仕方が全く異なるものであることを再確認させられました。理解が異なるとその現象の原因が何であるかのとらえ方も変わってくるのですね。翻って日本でも、昨日は郵政民営化法案を採決する委員会の模様をネットで聞いていましたが、同じ事への理解が異なると原因のとらえ方も異なることをここでも感じました。全く議論にならない。同じような仕方で、戦争にでも突き進まないで欲しいものだと感じたのですが、それは私の単なる杞憂でしょうか。「平和が必要だから戦争すべきでない」「そうなんです、平和が必要だからこそ戦争しなくてはいけない」なんてことで。

|

« 茅ヶ崎教会 | トップページ | 聖体奉仕会修道院訪問 »

司教の日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153507/7181296

この記事へのトラックバック一覧です: 教区司祭静修:

« 茅ヶ崎教会 | トップページ | 聖体奉仕会修道院訪問 »