« あの豪雨からもう一年です | トップページ | 三条教会訪問(その2) »

2005年7月11日 (月)

三条教会訪問

 本日(10日)、三条教会で復興感謝ミサを行いました。昨年の7月13日の豪雨と洪水に被災されてから、すでに一年が経とうとしています。あの日濁流に家財道具一切を流されて、そのまま家を再建することもままならない人も多くいます。仮設に住んでいる方もおられます。そのとき汚水ともいうべき濁流に使ったためか、近頃になって体調を崩された方もいます。ミサ後の集まりでは、一人ひとりがあの日の体験を分かち合いました。体験談をうかがいながら、まとめてどこかに書いておきたいような話ばかりだと感じました。厳しい災害の現実の中でも、それを通じて人と人のつながりが出来たり、少なくとも何かが生まれたことは事実のようです。完全な復興には、まだまだ時間がかかるでしょう。共に忘れずに、祈りたいと思います。
 写真はあの日の体験を語る主任司祭の佐藤允広師。

|

« あの豪雨からもう一年です | トップページ | 三条教会訪問(その2) »

司教の日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153507/7181300

この記事へのトラックバック一覧です: 三条教会訪問:

« あの豪雨からもう一年です | トップページ | 三条教会訪問(その2) »