« カトリック保育者研修会 | トップページ | JAZZが満ちあふれる新潟 »

2005年8月19日 (金)

飛行機は美しいですねぇ

 昨日の保育者研修会では、何とかお話を終えることが出来ました。160人近い参加者の大半は現役の幼稚園や保育園の職員ですから、とても若い女性が多かったのですが、なぜか私の演台の前には、いかめしい顔をした園長先生たち(つまり大半は神父様がた)がずらりとそろって、わたしの話に厳しい目を注いでいるのでありました。幼児教育は今の時代だからこそ大切なのだという思いを新たにした二日間でした。
 さて近頃は「オマケ」が再び流行しておりますが、昔のキャラメルなんかの「オマケ」と違って、本格的ですね。その一つ、飛行機のダイキャストモデル。わたしが飛行機が好きだという事を知ったある方が、ローソンで手に入れてくださって。何本もスポーツドリンクを飲まれたのかもしれないと思うと、申し訳ない。かつて「穴」じゃなくて「ANA」と呼ばれる以前の、懐かしい塗装まで。この時期に、JALじゃなくてことさらに全日空なのが意味深かもしれません。
 しかしいくつになってもオマケには心が躍ります。

|

« カトリック保育者研修会 | トップページ | JAZZが満ちあふれる新潟 »

司教の日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153507/7181320

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機は美しいですねぇ:

« カトリック保育者研修会 | トップページ | JAZZが満ちあふれる新潟 »