« 聖母被昇天祭 | トップページ | カトリック保育者研修会 »

2005年8月15日 (月)

聖母被昇天祭その2


 実は本日は私の霊名の祝日でもありました。タルチシオはローマ時代の殉教者で、侍者の保護の聖人ですから子供と思われがちですが、どうも青年助祭だったようです。聖体をとらわれた信徒へ運ぶ途中に石殺しになったようです。後に8月15日は聖母被昇天が広く祝われるようになり、さらに1950年に教義として宣言されてからは、完全にタルチシオは他の日に移されたようです。今日はミサの終わりに新潟教会の皆様からも霊的花束をいただきました。そのほかお祝いをお寄せ下さった皆様に、心より御礼申し上げます。
 夜7時過ぎにどーんと言う音がして、海岸で花火が始まりました。ちょうど私の部屋のベランダからきれいに見えて、今夏、初めての花火鑑賞になりました。
 財前直見さんが演じている橋田さんの奥様、なかなか良いです。わたしもカリタスの視察でしばしば危ないところへ入ったことがありますが、橋田さんほどのめり込み打ち込める人は、うらやましい、です。アフリカのジャングルの中で、酔っぱらった兵隊に銃口を向けられたこともしばしばありましたが、高揚した感情で正常な判断が出来ない状態の人が銃を持っていることは怖いですよ。

|

« 聖母被昇天祭 | トップページ | カトリック保育者研修会 »

司教の日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153507/7181318

この記事へのトラックバック一覧です: 聖母被昇天祭その2:

« 聖母被昇天祭 | トップページ | カトリック保育者研修会 »