« 出かけてまいります | トップページ | ちゃんと話を聞いて! »

2005年11月18日 (金)

帰国しました

 ローマでの国際カリタスの理事会も無事終わり、今朝ほど帰国しました。国際カリタスはアジア、オセアニア、北米、ラテンアメリカ、アフリカ、中近東、ヨーロッパの地域に分かれており、それぞれからの代表国各一名で19名の理事と、それぞれの地域の総裁が国際カリタスの副総裁となり、それ以外にも全体の総裁(現在はフランス人の信徒、デニス・ビノ氏)や事務局長なども加わり、各地域のコーディネーターやゲストも含めて総勢50人近い会議でした。カリタスジャパンは東アジアの代表として1999年から理事国になっています。現在二期目で、2007年に改選です。

 会議は、ローマ市内のバチカン領地(飛び地)カリスト宮殿にある国際カリタス本部で行われ、英語、スペイン語、フランス語の同時通訳付きです。会議最終日の水曜午前中には全員で聖ペトロ大聖堂前に出かけ、教皇様の一般謁見にも与りました。教皇様の席のすぐ横の特等席でしたが、なんと、司教の正装(黒のスータンと赤い帯や帽子)をしていると、中に入って直接教皇様に挨拶が出来るのですねえ。知りませんでした。今回の会議に来ていた司教さんでもインド、カメルーン、タイの司教さんたちは、どこからか正装を調達してきて、直接挨拶に行ってました。残念。写真は国際カリタス事務局長と親しく言葉を交わす教皇様。IMG_0031

 

|

« 出かけてまいります | トップページ | ちゃんと話を聞いて! »

司教の日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。