« いなほの事故 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2005年12月31日 (土)

良い年をお迎え下さい

あっという間に大晦日になってしまいました。皆様にとって、この一年はいかがでしたか。この9月には司教としての一年目を無事終了し、二年目を始めることが出来ました。一通り新潟教区全体を訪問し終わり、これまでで分かった範囲で、これからの新潟教区の進む方向性を、9月20日付の司牧書簡である程度明確にしたつもりです。これからその中で示した優先事項を、一つひとつ具体化していくことに取り組んで参ります。中でも小教区共同体の育成とお一人お一人の霊的育成には出来る限りの力を注いで参ります。教区の仕事だけではなく、司教団の仕事としてカリタスジャパンの担当や東京大神学院の運営などに携わっており、そのために東京へ会議で出かけることも多かったと思います。また秋田や山形へ出かけていることもしばしばあり、なかなか新潟で充分に時間を過ごすことが適いませんでした。もっと新潟での地元との「繋がり」を深めて行かなければと反省しています。

「司教の日記」も始めてからまもなく1年になります。信徒の方と話している中から誕生した日記ですが、多少は教区の中での情報交換に役に立ってきたでしょうか。新潟、山形、秋田と離れて暮らす兄弟姉妹が、お互いの存在を感じる縁となればと念じております。先日からはブログ形式に変更しましたが、毎日の管理が容易ではないため、コメントをつけることができないようにしてあります。これは申し訳ありませんが、当分そうしておきます。ご意見や質問がありましたら、メールをご利用下さい。

インターネットが普及して、互いの意見交換が簡単にできるようになった反面、表面的なその場の感情のやりとりのような側面があるように感じます。時として揚げ足取りのような意見交換も見られます。意味のある意見交換も多くありますし、情報伝達が容易になった効果は大きいと思うのですが、反面、空騒ぎとでも言うほどのやりとりで盛り上がる側面も否定できません。それはそれで構わないのですが、なにか本質とは無関係のところで多数が空騒ぎをしている影で、ほくそ笑んでいる何者かがいるような思いも、時にはいたします。

どうぞ皆様、良い年をお迎え下さい。2006年がお一人お一人にとって、心にやすらぎを与え、福音における喜びを頂ける年となりますように。

|

« いなほの事故 | トップページ | あけましておめでとうございます »

司教の日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153507/7925165

この記事へのトラックバック一覧です: 良い年をお迎え下さい:

« いなほの事故 | トップページ | あけましておめでとうございます »