« 教区の顧問会 | トップページ | 秋田へ祈りの旅 »

2006年5月26日 (金)

驚きました

私、高校3年生の3学期に車の免許を取得して以来、30年近く車を運転してますが、乗ってる車が衝突されたのは初めての経験でした。いやあ、びっくりするものですね。

昨日、木曜日の朝は、朝8時半頃のいなほに乗って、秋田へ出かけることになっていましたので、新潟教会のフェルディ神父様に車で送っていただきました。駅のひとつ手前の信号で、赤信号待ちをしていたら、なんと目の前の四輪駆動車が突然バックして来るではありませんか。しかもものすごい勢いで。これはぶつかると思った瞬間、フェルディ神父様がクラクションを鳴らした瞬間、しっかりとフェルディ神父様の車の全面は前の車を受け止めていました。思ったより車の被害は小さかったものの、それでもしっかりとボンネットはひん曲がり、フロントグリルもつぶれて、修理には数日の時間がかかりそうです。

前から来ましたので、踏ん張ることが出来たため、体へのダメージはありません。あれが後ろからだったら、全くの不意を突かれるので、体へのダメージもあるのだろうと思います。

それにしても、車を後退させるときの後方確認の重要性を再確認し、自らが運転するときもこれまで以上にしっかりと気をつけようと、気を引き締める機会となりました。フェルディ神父様には、送ってもらったばっかりに車が壊れることになり、申し訳ありませんでした。

|

« 教区の顧問会 | トップページ | 秋田へ祈りの旅 »

司教の日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153507/10250670

この記事へのトラックバック一覧です: 驚きました:

« 教区の顧問会 | トップページ | 秋田へ祈りの旅 »