« 今週は長崎です | トップページ | 長崎から戻ってきたものの »

2006年6月20日 (火)

長崎は今日も暑かった

新潟教区の皆様、いかがお過ごしですか。いやはや長崎はとても暑い、の一言です。

長崎教区司祭の黙想会がはじまりました。長崎の平和公園のすぐ近くに煉瓦色も美しい浦上天主堂がそびえております。その向かい側に、これまたそびえ立つのが長崎大司教館であります。七階建てです。屋根には大聖堂鐘楼を模したかのような塔屋が二つ、一階玄関はとても広いの一言に尽きる大建築です。大司教様の居室や事務室、教区の事務局などもそれぞれフロアに分かれており、そして今回の黙想会もこの建物の中で行われております。3階には聖堂と会議室がいくつかあるのですが、これが会場です。もちろん新潟の司教館にも聖堂と会議室はありますが、それはそれは規模が違います。黙想会場にいる教区司祭、その数90名以上。その人数が余裕ではいる聖堂と会議室ですから、大きさは想像頂けると思います。新潟司教館の聖堂は、司教の専用ですから、4人もはいったら、立錐の余地なしであります。この参加者は、大司教館でも何名の方が宿泊されておるようですが、道を挟んで向かい側のカトリックセンjターにも宿泊されている司祭がおられるようです。ここは現在ユースホステルにもなっており、長崎観光や巡礼の折りには、手軽なお値段の宿となっております。黙想会参加者はカトリックセンター一階にあるカフェテリアで食事を頂いております。90名も司祭がいれば若い神父さんもたくさんいる訳で、昼食後にはバスケットボールに興じておられる。そうなんです。大司教館には体育館まである。これはすぐ裏にある教区の小神学校のためであると聞きました。

司祭に対して霊的な話をすることほど難しいことはないにもかかわらず、しかもそれを90名以上の、しかもそれをカトリックの伝統の地長崎の神父様方に対して、しかもそれを一日に二回もするに至っては、久しぶりに話したあとに強烈な腹痛に襲われました。緊張の極みであります。目の前に浦上天主堂が見えますから、ちょっと訪ねてみました。表の案内板になんと書いてあると思います?この小教区には8千人の信徒がいて、日本で一番大きい小教区です、と記してあります。新潟教区全体の信徒数は7千人ほどですから、圧倒されずにはおられません。

|

« 今週は長崎です | トップページ | 長崎から戻ってきたものの »

司教の日記」カテゴリの記事