« アジアにおけるイエスの物語 | トップページ | アジア宣教大会とは? »

2006年10月24日 (火)

教皇様との写真

Popeb16 東京の教皇庁大使館から、いつもとは違うやたらに大きな封筒が送られてきたので、何だろうと思って開封してみたら、この写真でした。先月、ローマで開催された司教研修会の際に、ローマ郊外のカステルガンドルフォへ出かけて、教皇様にお会いしたときの写真です。当日はビデオカメラが一台と、写真のカメラが二台入って、バシバシと撮影してましたが、カメラの一台はオッセルバトーレロマーノ紙(教皇庁の新聞でイタリアでは日刊、海外では週刊で発行)、もう一台は教皇庁御用達の写真屋さんだと聞きました。本来はこの写真屋さんから後で買わなくてはならないところ、今回は太っ腹の福音宣教省が全員分を購入して、「後で届けるから」という話でした。しかし誰が誰やら、どうやって後で判断するのだろう、アジアの人間の顔をどうやって後で見分けるのだろう、などといろいろ心配しておりました。なにせ、決められた順番に並んで前に出たわけではなく、たまたま着席した順番でしたから、写真に写った顔から判断するしかないのです。が、見事、間違わずに届きました。さすがでした。ちなみにこの時教皇様は、「日本から参りました」といっている私に、「オー、ジャパン、ジャパン」と言われていたように記憶してます。またしかに、それ以上言うことがあるほど問題児ではないですし・・・。

|

« アジアにおけるイエスの物語 | トップページ | アジア宣教大会とは? »

司教の日記」カテゴリの記事