« 花園聖ラファエル幼稚園 | トップページ | 11月の新潟教区は »

2006年10月31日 (火)

カリタスジャパンは長崎に

Nagasaki02 カリタスジャパンの全国担当者会議が、日曜日の午後から本日火曜日の昼まで、長崎のカトリックセンターを会場に開催されました。全国の各教区には必ず一人ずつ教区のカリタス担当者がおります。教区によってカリタスと呼ばれるところもあれば、社会福祉委員会と呼ばれるところもあれば、他の名前のところもあるようです。毎年一回、全教区の担当者が一堂に会して、カリタスジャパンの活動についての意見交換を行い、また翌年以降の四旬節キャンペーンの内容について話し合います。四旬節キャンペーンは、それぞれの教区で実際に行われるわけですから、教区担当者が中心になって企画されていきます。カリタス委員会や援助部会、社会福祉活動部会にも、教区担当社会からそれぞれ3名の代表が参加して意志の疎通を図っています。また責任司教の宮原司教、援助を担当する私、秘書、カリタスジャパン委員の代表の方々、事務局の方々も参加されました。

Nagasaki03 この数年、担当者会議は、各教区の信徒の方々にカリタスの活動を知って頂くために、各地を回りながら、講演会などを行っております。今回も日曜日の午後に、私がカリタスジャパンの活動について講演をさせて頂きました。予想以上の参加者が集まってくださり、当初予定のカトリックセンターホールには入りきらず、お隣の大司教館にある小神学校用の体育館で開催しました。600人以上の方がおいでくださったとのことです。講演の前には野下神父さまが指揮されるコーラスグループによるミニコンサートもありました。講演では生まれて初めてパワーポイントを使ってみました。なんと言っても先日のアジア宣教大会で、信仰の分かち合いに出てくる人が次から次からパワーポイントを使うのです。そしてその中のある人が、「今の時代、話をするときにパワーポイントを使わないと、その人の話にはパワーもなければポイントもない」なんて冗談を言われたので、私もパワーとポイントを話に加えるために、利用しました。パワーポイントで準備すると、話が横道にそれることがないのでそれはそれでよい反面、臨機応変に話の筋をかえることができないという難しさもありました。

担当者会議は月曜の午前中から、本日の昼まで、カトリック会館の会議室で行われました。いつ訪問しても長崎教区はうらやましいですね。施設がたくさんあるし、もちろん信徒の方々もたくさんおられるし。これからも教区担当者の協力を頂きながら、カリタスの活動を深めていきたいと思います。今日で10月は終わります。明日は諸聖人の大祝日、2日は死者の日です。明日あさってと、私たちの信仰の先輩たちに思いを馳せてお祈りください。

|

« 花園聖ラファエル幼稚園 | トップページ | 11月の新潟教区は »

司教の日記」カテゴリの記事