« あぁぁぁぁ、京葉線 | トップページ | 神言会叙階式 »

2006年10月 3日 (火)

フランシスコのお祝いでした

Kc280010 明日、10月4日はアシジの聖フランシスコの祝日です。それに先立って、本日、長岡の表町教会で、恒例となっているフランシスコ会の兄弟達によるお祝いがあり、新潟県内で働いている司祭も招待されました。11時から私の司式でミサを捧げ、その後、用意していただいたイタリア料理で楽しい一時を過ごしました。写真は、お祝いのケーキにナイフを入れる、長岡の主任司祭ブルーノ師と、フランシスコの霊名をお祝いする教区司祭の鎌田師です。ミサにはフランシスコ会第三会の会員をはじめ、信徒の方も参加してくださいました。ちょうど数日前にアシジを訪問することが出来ましたし、聖フランシスコの葬られている前でお祈りのひとときを過ごすことが出来たこともあり、今年のお祝いは、いつも以上に聖人に親近感を感じてのミサとなりました。

ついこの間まで夏であったと思ったら、あっという間に秋が深まっています。10月も数日が過ぎてしまいました。まず新潟教区の一粒会の会員の皆様のために、昨日、ミサを捧げました。毎日の召命のための祈りと、献金に、心から感謝申し上げます。どうかこれからも、司祭、修道者を志願する人たちが与えられるように、お祈りをお願いいたします。

次に、この10月には、初めてのアジア宣教大会が開催されます。この大会はアジア司教協議会連盟(FABC)が福音宣教省の協力の下に開催するもので、10月18日から22日まで、タイのチェンマイで行われます。テーマは「アジアにおけるイエスの物語-信仰と生活の祝い」ということで、千人規模の参加が見込まれています。日本からは20人ほどの代表団が参加いたしますが、司教団からは野村司教様、郡山司教様、そして私が参加するようにと選出されています。他の参加者は、とにかくこの大会がテーマに沿った小グループによる信仰体験の「わかちあい」が連続することから、英語が堪能であることを条件に、各教会管区から、信徒、司祭、修道者の方を推薦いただいてグループを結成しました。新潟教区からも、寺尾教会の福嶋さんに、参加をお願いしました。実は出かけてみなければどんな集まりになるのか想像がつかないのですが、アジアにおける福音宣教をアジアの文化というコンテキストの中でいかにイエスを理解し体験して行うのかという、わかちあいの集まりとなりそうです。ローマからは福音宣教省長官のディアス枢機卿の他、教皇特使として前長官のセペ枢機卿も参加されるということです。どうか、この大会が成功し、アジアにおける福音宣教へ何らかの実りがもたらされますように、毎日のお祈りの中で憶えていただけたら幸いです。

|

« あぁぁぁぁ、京葉線 | トップページ | 神言会叙階式 »

司教の日記」カテゴリの記事