« 11月の新潟教区は | トップページ | 山形聖マリア幼稚園50周年 »

2006年11月 5日 (日)

花園教会55周年

Img_2618 新潟駅のすぐ近くという絶好の立地にある花園教会が、11月3日に創立55周年をお祝いしました。もともとは現在の亀田に向かう栗の木バイパスのあたりに、沼垂(ヌッタリ)教会として神言会のホンナッケル師によって開設された教会です。現在は神言会から教区に移管され、高藪師が主任司祭を務めています。今回のお祝いには神言会の管区長代理として、秋田地区長の桃田師も参加されました。感謝ミサには花園教会だけではなく、新潟県内の教会の代表の方々をはじめ、お隣の山形県の鶴岡教会の方々も参加してくださいました。ミサ後に、歴代の主任と助任を務めた司祭に感謝の気持ちを込めて記念品が贈られました。今回のお祝いに参加した元主任司祭は、町田師、川崎師、鎌田師(信徒の方が代理)、元助任が山頭師、現在の主任の高藪師と助任のフェルナンド師でした。花園教会には聖ラファエル幼稚園が併設されていますので、今回は幼稚園ホールで祝賀会を催しました。写真は祝賀会で挨拶をする元主任司祭の町田師。

Img_2621 55周年というのはちょっと奇妙なお祝いです。50年にはいろいろあってお祝いが出来ず、かといって60年まで待ってしまうとどうなるか分からない(?)という心配から、55年に行うことにしたという高藪師の説明がありました。確かに55とは中途半端ですが、しかし同時に、だからこそ、50年とか60年という当たり前のお祝いでさらっと過ぎ去ってしまうよりも、何か理由を考えさせるという意味合いもあるような気がします。この地でどのような福音宣教が行われてきたのか、今共同体はいかに生きているのか、これからどうしていくのかを、真剣に考える契機にしていただきたいと思います。

|

« 11月の新潟教区は | トップページ | 山形聖マリア幼稚園50周年 »

司教の日記」カテゴリの記事