« 知らざるを知らずとなす。これ知るなり | トップページ | 経済問題諮問委員会 »

2007年1月21日 (日)

一致祈祷週間中心集会

Img_0728 1月18日から25日まで、「耳の聞こえない人を聞こえるようにし、口の利けない人を話せるようにしてくださる」(マルコ7・37)をテーマに行われている今年のキリスト教一致祈祷週間ですが、新潟市における一連の祈祷会の中心となる祈りの会が、花園カトリック教会で本日午後2時から開催されました。新潟市内のカトリック各教会を始めキリスト教団や聖公会、救世軍など、各派の信徒の代表の方々70名ほどが集まり、花園教会助任司祭のフェルナンド師の司式によって、祈りが捧げられました。

Img_0735_1 もともと初代新潟司教であった故伊藤司教様が、司教団のエキュメニズム担当でもあったことから、自ら音頭をとって新潟市内の各派に呼びかけ、新潟市内における祈祷会が始まったと言うことです。新潟市には各派の司祭・牧師・教師が参加する連合教師会が存在し、市民クリスマスや一致祈祷週間を企画運営しています。今年度は救世軍の方が会長を務められており、カトリックでは新潟教会助任の高橋師が書記として連絡調整にあたっています。カトリックでは、初日に青山教会、そして中心集会となった本日の花園教会と二カ所が今年の担当となりました。祈祷集会が終わった後は、花園教会のホールで皆でテーブルを囲んで、お茶とお菓子を頂き、普段お会いする機会の少ない他の教派の方々と、交流を深めることが出来たのではないでしょうか。なお、最終日はいつものように、大学病院の前にある聖公会の教会です。

それにしても、昨年は吹雪のような雪の中を必死になって出かけていったことを憶えていますが、今年は本当に暖かくて雪もない。今日なんて新潟市は、春を思わせるような陽気でありました。大丈夫なのでしょうか。

|

« 知らざるを知らずとなす。これ知るなり | トップページ | 経済問題諮問委員会 »

司教の日記」カテゴリの記事