« 連休中の初金 | トップページ | 日曜の午前中のテレビ »

2007年5月 5日 (土)

教区の若者たち

Youth070505_1 「若者たち」なんていう呼び方自体が古くさいのかもしれませんが、新潟教区のその「若者たち」の十数名が、昨日から今日にかけて、新潟教会信徒会館で集まり(合宿)を行いました。教区の担当者は石黒神父と高橋神父ですが、今回は山形地区からもワルヨ神父が参加してくれました。集まって来たのは主に新潟在住の若者でしたが、秋田や山形からも参加者がありました。今回は主に、新学期も始まり秋田から新潟へ移ってきたリーダーもいたりして、まず親睦を深めることと、夏の集まりの計画を練ることだと聞きました。しっかりと自分たちでいろいろ計画しているようで、昨晩などは、なんと、夕食後に自分たちで「わかちあい」をしたり、今朝もしっかりと起きて朝6時半のミサに参加したり、たいしたものだと心から頼もしく思いました。昨年末にも新潟教会での合宿がありましたが、それぞれの小教区では同年代の仲間が減少している現実を考えると、こうやって折を見て、みんなで集まることはとても大切なのだと感じています。これからも是非、こういった集まりを続けていただきたいと思います。もっとも、細かいプログラムを決めることなく、なにげに集まるのが良いんでしょうし、今日などは、それぞれの都合で帰路につく仲間を、まずみんなで歌なんぞを唄って励まし、それからいちいち玄関まで出てみんなで見送るなど、なんというのでしょう、パワーに充ちた荒々しさはないものの、昔の体育会系クラブみたいな雰囲気があって、興味深くありました。いずれにしても、教会を中心にして、気張ることもなく何気なく、みんなが繋がっているというのは、一つの理想かもしれません。いろいろなタイプの人に、それぞれ「なにげ」に居場所がある、そういう集まり(共同体)に育って欲しいと願います。

Kusakari070505 5月は聖母の月で、日曜のミサ後にはルルド前でロザリオを唱えたりもいたします。ここ数日の暖かい天候で、ルルドの前の草も育ちました。今朝は助任のフェルディ神父が、早速、草刈りに励んでいましたので一枚。連休のすばらしい天候も今日までのようで、明日は雨になりそうです。(草刈り写真のルルドの左手奥に見えるのが、いまから解体されるお隣のビル。ルルドの右手が、映っていませんが司教館であります。左手奥に解体作業にあたる重機が見えます。私の二階の部屋があまり揺れるので、揺れない中心部へとコンピュータや机を移動したので、かなり腰に来ました。連休中は作業も休みだったので良かったのですけれど・・・)

今日はいろいろ気になる事故がありました。私も何度も利用したことのあるケニア航空の737型機がカメルーンで墜落したと報じられています。737-800だと言うことですから、私のHPにも写真があるケニア航空の誇る最新鋭機のはずですし、数年前からKLMと提携していてかなり整備も良くされているはずなのですが、どうしたのでしょう。大阪でのジェットコースターの事故も気になります。ぎりぎりで経済が成り立っていると、安全にかけるコストが削られていくのでしょうし、その代償はある時一気に押し寄せてきますから

|

« 連休中の初金 | トップページ | 日曜の午前中のテレビ »

司教の日記」カテゴリの記事