« 週末の行脚 | トップページ | 教皇様、中国へ語りかける »

2007年7月 3日 (火)

正直な人、なのかどうか

その行動や発言の倫理性は、大騒ぎになって語られているので、そちらに任せるとして、この発言の主たるお二人は、実は正直者なのかもしれません、などと思ってしまいました。

ミートホープの田中社長。「半額セールで(冷凍食品を)喜んで買う消費者にも問題がある」

久間防衛大臣。「勝ち戦と分かっている時に原爆まで使う必要があったのかどうかという、そういう思いは今でもしているが、国際情勢、戦後の占領状態などからすると、そういうことも選択としてはあり得るということも頭に入れながら考えなければいけないと思った」

言うべきではないときに、思わずいってしまったのは、たぶんお二人の本音でしょう。どうしてそんなことを言ってしまったのか。可能性は二つ。思慮が足りないのか、嘘をついて本音を隠すのに疲れた正直者なのか。仮に後者であるならば、問題の根源はその当事者お一人にあるのではないような気がいたします。

|

« 週末の行脚 | トップページ | 教皇様、中国へ語りかける »

司教の日記」カテゴリの記事