« 「宣教学入門」 | トップページ | 12年前の濱尾枢機卿 »

2007年11月 9日 (金)

濱尾枢機卿帰天

すでに一般紙にも報道されていますが、濱尾文郎枢機卿様が昨日、11月8日夕方、有明の癌研有明病院で肺ガンのために亡くなられました。77歳でした。先ほど東京で梅村司教様にお会いしたので、少し詳しいことを聞かせていただきました。枢機卿様は教皇庁の移住・移動者司牧評議会議長の役職を引退されたあとも、教皇庁でのそのほかの役目が残されていたためローマにお住まいでした。9月末頃に息苦しさを感じて検査したところ肺ガンが発見され、さらに詳しく検査するために10月の始めに帰国して癌研有明病院に入院されていたそうです。ところが先週末に肺炎を併発され、昨晩亡くなられたと言うことです。お祈り下さい。

Hamao01 今年の6月にローマで国際カリタスの総会が開催された折、アジアのカリタスメンバーで濱尾枢機卿様を招待して、バチカン近くの中華料理屋で夕食会をしました。写真はその時の様子です。インド、タイ、インドネシア、スリランカのカリタス担当司教や司祭に囲まれて、とてもお元気でした。ローマでの役目が終わったら日本に帰って何かの役に立ちたい、そのためにこの年になってから韓国語を学んでいるというお話でした。濱尾枢機卿様は横浜教区長時代にカリタスジャパンの責任司教でもありましたし、カリタスアジアのプレジデントとして、国際カリタスの副総裁も務められました。ちょうど私がカリタスジャパンの調整員としてザイールのルワンダ難民キャンプに派遣された当時、カリタスジャパンの責任者が濱尾枢機卿様で、カリタスジャパン撤収にあたっては、現地までおいで頂きました。現地で司式していただいたミサの興奮は忘れられません。あの日は、枢機卿様の流暢なフランス語にも驚かさせられました。

葬儀は12日月曜日の正午から、横浜雙葉学園講堂で執り行われます。R.I.P.

P.S. まだ公式には聞いていませんが、葬儀は東京のカテドラル関口教会に変更になったようです。(11時50分追記)

|

« 「宣教学入門」 | トップページ | 12年前の濱尾枢機卿 »

司教の日記」カテゴリの記事