« ケニアから学ぶこと | トップページ | ミサ典書の翻訳 »

2008年1月24日 (木)

車輌の点検

それにしてもすさまじい天候です。昨日は午後からの東京での会議のため、10時台の新幹線に乗っていったら、いつもとはまったく逆で、トンネルを抜けると雪でした。つまりいつもは群馬県側から新潟へ抜けると雪国なのですが、昨日は新潟から群馬県側へ抜けると雪でした。東京もさすがにつもることはなかったものの、新潟よりも寒かった。そして今日。午前中に二つの会議を終わらせて、東京駅に1時半頃の新幹線に乗るために急ぎました。間に合って指定席に座り、時間が来てドアが閉まり、出発と思ったら一向に動き出す気配がない。そういえば先ほどから、東北地方の雪と風のため遅れと運休がでているとの繰り返しの放送を耳にしていたので、これはとうとう雪か風のために上越新幹線もストップかと思いきや、どうもそうではない模様。それから延々20分間、「車輌点検のためしばらくお待ち下さい」の繰り返し。「車輌点検」はいつの頃からか「車内点検のため」に変化していましたが、見事に20分の遅れでした。JR用語では、「車内点検」とか「車輌点検」って、まさか本当に駅のホームで点検しているわけがないのでしょうから、実はどういう意味なのでしょうね。「本当の理由はちょっと言えないから、こう言うときはすべからく車輌点検だ」と決まっているのかもしれませんね。あまり納得のできる説明ではありませんでした。もっとも、私にしてみれば乗り継ぎがあるわけでもなく、アフリカなどでの公共交通機関に比較すれば20分くらいの遅れは遅れの範疇に入らないのですから、その程度でいらつくとは、実に日本人らしくなったものです。

|

« ケニアから学ぶこと | トップページ | ミサ典書の翻訳 »

司教の日記」カテゴリの記事