« 長倉久子先生 | トップページ | 神言会聖霊会来日100周年 »

2008年1月14日 (月)

新潟の局地的気候

神言会と聖霊会の来日100周年記念行事のため、名古屋へ来ております。昨晩新潟空港を一番最後に飛び立つ夜8時少し前の名古屋中部空港行きに乗ろうと、タクシーをお願いして空港へ向かいました。昨日は確かに朝から雪がちらついていたものの、司教館のあるいわゆる新潟市中央区あたりでは、それほどの雪の影響は感じられませんでした。信濃川河口の新潟港出口の下を通るみなとトンネルをいつものようにくぐって向こう側へ出ると、なんと道路が完全に凍結。交差点でブレーキを踏むたびに、タクシーのおしりが触れること触れること。ちょっとした坂を登り切らずに押しているバイクとか、交差点でハンドルを取られて方向を失った自動車とか。雪には慣れているはずの新潟市民も、そして冬タイヤを装着しているとはいえ、アイスバーンはさすがに苦しい。タクシーの運転手さんは、「スケートリンクのようだ。これが平日の夕方だったら、大渋滞ですね」といわれてました。同じ新潟市内といっても、空港あたりは遮るものが何もない吹きさらしですし、司教館のあるあたりは海と町の間に丘があるという違いがあるのでしょうが、局地的に天気が違うすさまじい新潟の冬でした。

|

« 長倉久子先生 | トップページ | 神言会聖霊会来日100周年 »

司教の日記」カテゴリの記事