« カレンガ師大司教へ | トップページ | 実感する全国の天気 »

2008年3月 4日 (火)

聖園短大卒業感謝ミサ

Akitamisono08 雪が降りしきる寒い日となった秋田で、今朝10時から聖園短大の卒業感謝ミサが行われました。卒業式自体は金曜日なのですが、その数日前に毎年感謝ミサが秋田教会聖堂で行われ、できる限り司教が司式するようにしております。卒業生が何名おられるのか尋ねるのを忘れていましたが、在校生の1年生とともに、広い秋田教会聖堂がいっぱいになり、よく練習された合唱も美しく、卒業を前にしてこの2年間にキリスト教の学校で学んだことを少しは思い起こしていただけたかと思います。これからの人生の中で、大切な判断をしなくてはならない時に限らず、日々の生活の中で、キリスト教的な価値観が少しでも役に立つことを願っています。もちろんその中から、いつの日かキリストとの出会いがあって教会へと導かれる人が出てくれれば、それに超したことはありませんが。生徒さんたちにはシスター方による事前の準備も行き届いているようですし、またミサに出ることはクリスマスなどにも行われているとのことですので、信徒がほとんどいないものの、それなりに厳粛な雰囲気であったと思います。最後には卒業生全員に、お一人お一人に神様の導きと守りがあるようにと願いながら、祝福をさせていただきました。

今回の卒業生には沖縄の那覇教区で働くベトナム人のシスターもお一人おられました。この2年間で日本語も大変上達され、しっかりと卒業となりました。遙かに離れた秋田の地まで彼女を送り込んだ那覇の押川司教は、そのほかのベトナム人シスターとともに卒業式に参加するため、秋田を訪れる予定であると聞きました。南国から来る客人のために、金曜日は雪が降るといいですね。

明日は午前中に秋田カトリック学園の理事会、その後夕方には羽田へ飛んで、木曜日は司教常任委員会です。

|

« カレンガ師大司教へ | トップページ | 実感する全国の天気 »

司教の日記」カテゴリの記事