« 秋田紀行 | トップページ | ワールドユースデー »

2008年4月10日 (木)

今後の講演会の予定など

昨晩は、駐ガーナ教皇大使に任命されたカレンガ被選大司教の送別会を、司教団有志の主催で行いました。有志といいながらほとんど全員が参加。東京駅前の丸の内にある四川料理店で。ものすごい長い注ぎ口があるポットでハーブティーにお湯を注いでくれる名人がその妙技を見せてくれる店で、あまりの物珍しさに、何杯も頂いてしまいました。カレンガ被選大司教とは、明日金曜の午前中に大使館でガーナについてちょっと情報交換する予定です。

本日午前中は常任司教委員会。列福式関係と、6月の司教総会の議題が主な話し合いの内容でした。ところでそれに関して、いつもは6月の司教総会で司教の集いと称して勉強会をするのですが、今年は教皇様が定めたパウロ年の関連行事として、最終日の午後に公開講座を開催することにしました。詳細はまた広報されると思いますが、日時は6月6日の午後2時から、場所はイグナチオ教会。パウロ神学について現代の福音宣教へ何を学べるかを、パウロ会の澤田豊成師とプロテスタントから朴憲郁師に講演いただき、その後シンポジウムを行います。参加無料です。

講演といえば、カリタスジャパンでも、今般サミット関連で来日する国際カリタスの国連代表ジョゼフ・ドネリー氏による講演会を、4月25日午後5時半から上智大学12号館102教室で予定しています。国際カリタスはニューヨーク、ジュネーブ、ローマに国連機関への代表を常駐させていますが、ドネリー氏はニューヨークの国連本部を舞台に、カリタスを代表して活躍されています。通訳付きで無料ですので、近くの方はどうぞご参加ください。

|

« 秋田紀行 | トップページ | ワールドユースデー »

司教の日記」カテゴリの記事