« パウロ年の講演会 | トップページ | 宮原司教様着座 »

2008年5月17日 (土)

明日は宮原司教着座式

三位一体の主日である明日18日、宮原福岡教区司教の着座式が、午後2時から福岡国際センターで行われますので、明日の朝一番の名古屋行きの飛行機で出かけて参ります。新潟と福岡を結ぶ全日空便は朝便が廃止され、現時点では夕方便だけですので、行きは名古屋で、月曜日の帰りは伊丹で乗り継ぎです。着座式の模様は月曜に戻ってから。

カリタス香港とのやり取りの結果、中国の地震に対して、復興の段階で援助をできる見通しがつきました。昨日からカリタスジャパンでも募金を受け付けております。ただ現時点ではカリタスジャパンが単独で何かをできる足がかりが中国にはありませんから、積極的にキャンペーンを張って大々的に募金を呼びかけているわけではありません。できる範囲で、主にカリタス香港などの支援事業をサポートしていきたいと考えています。

ところで中国の教会の現状について、政府系の愛国協会と地下教会とに完全に二分されて対立しているというようなイメージを持っておられる向きがあるようですが、事はそう簡単ではありません。詳しくは是非ここをお読み下さい(中央協HPへ)。ただ簡単ではないがために、こちらからすればどこと付き合ったらよいのかの判断が、なかなか難しいのです。

|

« パウロ年の講演会 | トップページ | 宮原司教様着座 »

司教の日記」カテゴリの記事