« ミャンマーと関わる難しさ | トップページ | 殉教者特別年開始ミサ »

2008年5月 9日 (金)

新潟教区殉教者特別年、まもなく

Img_3646 11日の日曜日は聖霊降臨の主日です。新潟教区では来年の5月16日までの一年間、殉教者特別年と定めています。11日の日曜日は、午前10時半から米沢教会で特別年を開始するミサを行います。私の司式で、先日叙階したばかりの坂本助祭も東京の神学校から駆けつけて手伝ってくれる予定です。またこの日の米沢でのミサは山形地区の全体のミサとして、可能な方は各教会から米沢においで頂く予定です。教区内の各小教区でも、ミサの中で一緒にお祈り頂くと共に、殉教者列福に関連する教区の様々な活動や行事のために、11日には特別献金をお願いしております。よろしくご協力下さい。

来週は月曜と火曜が教区司祭の毎月の集まりの日です。5月は話し合いの月で、先月行われた宣教司牧評議会の話し合いを受けて、教区司祭団でも意見交換を主に行う予定です。水曜日から金曜日までは、カリタスの会議、常任司教委員会、東京神学院常任委員会と続きます。そしてその次、18日の日曜日は福岡で宮原司教の着座式です。(写真は新潟教会のルルドです。5月はマリア様の月です)

福岡行きは、新潟から全日空の直行便が以前は朝と晩の2便あったので便利だったのですが、全日空的には利用率があまり良くないと判断されたようで、廃止となる寸前でした。地元の懇願で何とか夕方の一往復だけが残っているのですが、これが使い勝手が悪い。そのため福岡は、新潟から名古屋へ飛んで乗り換えて福岡へ行き、帰りは月曜日に福岡から伊丹へ飛んで新潟へ戻るということになります。面倒なだけではなく、うまく早めに予約しないと、直行便の割引切符に較べてかなり割高です。

ついでに5月の残りの主な予定を記しておきます。21日と22日はカリタスの会議と社会司教委員会。24日土曜日は午後からWYDの講演会が新潟教会で。私の話と中央協議会事務局次長の久志師の話の後、ミサで締めくくりです。詳しくはこちらをクリック。ちなみに25日には、松浦悟郎司教とイエズス会の瀬本師が、同じくWYDの講演で長岡に来られます。興味のある方、どうぞ。そして25日、私は直江津教会の訪問。26日と27日は教区顧問会を秋田で開催。27日は午前中に秋田教会でミサを捧げさせて頂けるかと思います。28日夜は新潟カリタス会の理事会。これでほぼ5月は終わりです。WYDの講演会(司教のカテキズム)の準備と6月1日の長岡地区大会の講演(殉教者について)の準備で、この数日は苦しみました。テーマも違うし、どちらも私が苦手とする内容の話ですから。書けないときは、本当に見事に何も書けないものです。

|

« ミャンマーと関わる難しさ | トップページ | 殉教者特別年開始ミサ »

司教の日記」カテゴリの記事