« 来週は司教総会の週です | トップページ | 司教総会真っ最中 »

2008年6月 2日 (月)

長岡地区大会

Nagaoka080502 長岡地区大会が、昨日午前10時から午後3時過ぎまで、長岡市の福住教会を会場に開催されました。午後2時からのミサでは、200人分のホスチアを用意されたと言うことでしたが、それがほぼ拝領されましたので、子どもも含めれば、250人は参加者があったのではないでしょうか。福住の聖堂には入りきれませんから、幼稚園のホールですべての行事が行われました。

今回のテーマは「殉教者に学ぶ」。第一部として私が講演をしました。といっても私は殉教者の歴史に詳しいわけでもなく、9月の教区大会では専門家の溝部司教様が講演されますから、歴史についてはさておいて、先日米沢で説教したことを基本に、今をどう生きるのか、当時の米沢の信徒共同体に倣って、如何に社会から尊敬され慕われる共同体を作り上げていくのか、またそれこそが宣教にも繋がるという話をいたしました。もちろん、当時とて、キリシタンの掲げる価値観と倫理観はこの世の価値観や倫理観と同じものでは中ってでしょうし、この世の方がよいのであれば、何もわざわざキリストを信じる必要もないのですから、私たちの信仰に自信を持って共同体を作り上げていくように心掛けましょうと話しました。

その後グループに分かれてのわかちあい。英語やタガログを使うグループもふたつできました。そしてたのしくお弁当を頂いて最後にミサとなりました。長岡地区はフランシスコ会の神父様方です。いろいろと細かく準備を頂いてありがとうございました。長岡の主任のブルーノ神父様は先日手術を受けられたばかりにもかかわらず、杖をつきながらもしっかりと陣頭指揮に当たって下さりご苦労様でした。

さあ、午後から一週間の司教総会の開幕です。

|

« 来週は司教総会の週です | トップページ | 司教総会真っ最中 »

司教の日記」カテゴリの記事