« 「神の名」 | トップページ | 新潟教会では敬老ミサ »

2008年9月20日 (土)

4年が経ちました。感謝。

本日9月20日をもって、司教に叙階され新潟教区長として着座して4年が経ちました。祈りをもって支えて下さった多くの方々への感謝を込めて、明日、21日の主日には、新潟教会で9時半のミサを捧げる予定です。様々な方法で、また様々な地域から、支えて下さるお一人お一人に、心から感謝申し上げます。

Oridination040920 あっという間の4年であった気がします。なにぶん右も左も分からない新潟という地でしたし、そもそも教会の事情も知らず人脈もないところで、これまで続いてきていたことを引き受けて継続していくこと自体が、なかなかの挑戦でした。加えて、12才の頃から修道会という世界の中で生きてきた身にとっては、教区司祭の世界は未知の世界でしたし、修道会の意志決定プロセスと教区の意志決定プロセスが異なっていることにも戸惑いました。同じカトリック教会の組織の中で生きていても、教区と修道会とでは互いに知らないことが多々あるものだと、今でも驚くことがあります。また一口で新潟教区といっても、秋田・山形・新潟の現実には大きな違いがあり、何度も訪れてきたのですが、未だに知らないことが多くて愕然とすることもあります。多くの方々のご協力で宣教司牧評議会を立ち上げることもできました。その話し合いに基づいて、まず第一回目の司牧方針を記した司牧書簡を出すこともできました。これからまた時間をかけて、少しずつ実現していきたいと思います。一人でも多くの人に、イエスの福音を伝えていくことができるように、まず一人ひとりが福音の価値観を自分のものとし、祈りのうちにイエスとの出会いを求めながら、それを基礎として福音的価値観をあかしする共同体づくりを進めていきたいと思います。残念ながら、社会全体をみるならば、神の意志とはかけ離れた、そしてイエスの福音とはまったく異なる価値観が、日々の生活を支配しているようにしか見えません。教会の中にでさえ、イエスの福音を理解し切れていない現実が、残念ながらあります。そういった中で、少しずつ、近し着実に、イエスご自身のまなざしを求めながら、神の国の実現のために努力していきたいと思います。どうぞ今後とも、教区の皆様のお祈りとご協力・協働を、なにとぞよろしくお願い申し上げます。(写真は、4年前の9月20日、司教叙階式で故佐藤敬一司教様から按手を頂く)

|

« 「神の名」 | トップページ | 新潟教会では敬老ミサ »

司教の日記」カテゴリの記事