« 真冬のような寒さに | トップページ | 列福式も終わり »

2008年11月21日 (金)

米沢殉教者の絵本が完成

Ehon まもなく列福式です。列福式に参加したいと、ハバロフスクの主任司祭、マルセロ神父も本日来日しました。わたしは明日の夜東京へ出て、日曜の朝にカトリック新聞巡礼団と一緒に羽田から長崎へ向かいます。

さて列福式にあわせて、新潟教区では米沢の殉教者についての絵本を作成しました。すでにカトリック新聞にも宣伝が載っています。絵本といっても子ども向けではなく、大人のための絵本です。しかも日本語だけではなく、英語でも本文が掲載されています。教区としての自費出版ですから定価は定めていません。お求めになる場合、印刷実費として2,000円の献金をお願いしています。新潟教区内の小教区には、一冊ずつ送付しますので、各小教区で注文をまとめてくださると幸いです。注文は山形教会で取り扱います。本文を執筆してくださった山形教会の筒井義之さん、絵を描いてくださった神保亮さん、本文を英語に翻訳してくださった千原通明神父様に感謝します。写真は表紙です。

|

« 真冬のような寒さに | トップページ | 列福式も終わり »

司教の日記」カテゴリの記事