« そういえば | トップページ | 新潟日報へ »

2009年1月24日 (土)

聖パウロの回心

明日、1月25日は例年ですと「聖パウロの回心」の祝日に当たります。この祝日は通常は主日に勝るものではありませんから、本来であれば明日は年間第三の主日であって、今年は「聖パウロの回心」の祝日は祝われない事になります。

ところが今年はちょうど教皇様が定められたパウロ年である事もあり、すでに昨年、2009年の1月25日には日曜日であるにもかかわらず「聖パウロの回心」を祝っても良いとのゆるしが与えられておりました。典礼秘跡省によって、今年に限り、次のように定められています。

「 したがって、教皇ベネディクト16 世から当省にゆだねられた権能に基づき、来る2009年1 月25 日の年間第3 主日に、それぞれの教会が『ローマ・ミサ典礼書』に記載された「聖パウロの回心」の式文に従って一度だけミサをささげることができることを例外的に承認する。この場合、ミサの第2 朗読は年間第3 主日のためのローマ典礼の『朗読聖書』から取り、信条を唱える」

ですから小教区で、例えば朝昼晩と三回のミサが日曜にあるのであれば、そのうちの一回だけは「聖パウロの回心」のミサを捧げても良いという事です。それ以外は年間第三主日です。

新潟教会では、朝6時半と夕方6時のミサは年間第三主日ですが、午前9時半のミサは「聖パウロの回心」のミサで、私の司式となります。どうぞおいで下さい。

新潟は一日中大雪となりました。本日の夕方にはカトリック医師会の新潟支部と、信徒使徒職協議会新潟地区の両方が別々のところで新年会を開いておりました。医師会は現在、外国人を対象とした医療相談会の開催を計画して、話し合いを進めているところだという事です。で、どちらにも招待頂きましたが、後者の方にお邪魔して参りました。とにかく外は寒い。明日も雪のようです。

|

« そういえば | トップページ | 新潟日報へ »

司教の日記」カテゴリの記事