« 教皇様の悩み | トップページ | 2月の教区司祭の集まり »

2009年2月 1日 (日)

2月になりました

Grotto09 早いもので、あっという間に新年の一ヶ月は過ぎ、本日から2月です。新潟市内、本日は雨ですが、寒さはまだ続きそうです。(写真は雪の新潟教会ルルド)

2月はまず、2日が新潟県内17カトリック幼稚園の「聖母学園」理事会、そして園長会。その日の夜から翌3日にかけて新潟教区司祭の月に一度の集まり、「静修」です。なお2日は主の奉献の祝日で、新潟教会では朝6時半のミサを私が司式し、その中ですでに皆さんからお預かりしてあるロウソクの祝福を行います。

日本26聖人の祝日に当たる5日は、潮見で常任司教委員会。

8日から15日までの1週間は海外のため不在です。なお不在中ですが、11日水曜日には、東京カトリック神学院が4月から福岡と合併して日本カトリック神学院となるにあたり、東京の閉校感謝式典が行われます。11日はルルドの聖母の記念日であり、教会はこの日を世界病者の日と定めています。

16日午後から20日までは、潮見で司教総会。その後20日の午後には横浜の鶴見教会でシグニス・ジャパン主催のセミナーでお話をさせていただくことになっています。シグニスジャパンは日本カトリックメディア協議会のことで、教皇庁広報評議会傘下で世界的に活動するカトリックのメディア団体シグニス・ワールドのメンバーです。セミナーのタイトルは「インターネットが拓く新・福音宣教V」だそうです。インターネットといっても、新潟教区の皆さん向けにブログを書いているだけですから、どんな話をしたらよいのか悩みました。お話しする相手の方が、インターネットを深く知っているはずですから。先週はその原稿を考えるだけで、かなりの時間を費やしました。

そして24日にカリタスジャパン委員会。25日は灰の水曜日となり、四旬節の始まりです。新潟教会朝6時半のミサは私の司式で、灰の式が行われます。今年は4月12日が復活の主日です。というわけで2月もあっという間に終わりそうです。

|

« 教皇様の悩み | トップページ | 2月の教区司祭の集まり »

司教の日記」カテゴリの記事