« シグニスジャパンのセミナーにて | トップページ | カリタスジャパンの報告会が開催されます »

2009年2月23日 (月)

まもなく四旬節

御復活祭前の準備の期間である四旬節は、まもなく、明後日の灰の水曜日から始まります。教皇様は今年の四旬節のテーマとしてマタイ福音4章2節「そして四十日間、昼も夜も断食した後、空腹を覚えられた」を取り上げ、断食の価値と意義を考察する事を通じて、助けを必要としている人々へと目を開き、よきサマリア人になる事の必要性を説いておられます。教皇様の四旬節メッセージは、まもなく中央協のホームページで公開されると思います。

さて灰の水曜日ですが、新潟教会では、朝6時半と午前10時の二回、ミサが行われる事になりました。そこで私の司式するミサは、午前10時のミサとなりましたのでお知らせいたします。灰の式はどちらのミサでも行われます。またこの日は、大斎と小斎の日でもありますので、詳しくは中央協のこちらを参照下さい。

P.S. 教皇様の四旬節メッセージの翻訳が、中央協のホームページで公開されています。こちらをクリック。祈りと節制と施しという三つの側面を通じて、自らの信仰の原点をふり返り、霊的により深まる「とき」を過ごされますように。

|

« シグニスジャパンのセミナーにて | トップページ | カリタスジャパンの報告会が開催されます »

司教の日記」カテゴリの記事