« 横山さんの葬儀 | トップページ | 日本カトリック神学院の出発 »

2009年3月31日 (火)

ナミュール・ノートルダム修道女会の新潟修道院閉鎖

4月1日付ですべての小教区にはお知らせを送付いたしますので、次の日曜日には掲示されていることと思いますが、ここでもお知らせしておきます。正式な文書は掲示をご覧下さい。

1964年以来、新潟清心女子高等学校の設立母体として教区における教育宣教司牧に協力いただいたナミュール・ノートルダム修道女会は、2009年3月31日をもって新潟修道院を閉鎖し、新潟教区で働くすべての会員が教区を離れることになりました。

それに伴い、新潟清心女子中学高等学校の経営母体は学校法人ノートルダム清心学園を離れ、4月1日より独立した学校法人となります。新法人は学校法人ノートルダム新潟清心学園と称し、理事長には、新潟トヨタ自動車会長の等々力好泰氏が就任されます。

「カトリック学校」という認定は教区長がそれを行います。新理事会には新潟司教である私とナミュール・ノートルダム修道女会のシスター方2名が加わっていること、また学校においては専任の講師を雇用し宗教教育がこれまで通りカトリックの信仰に基づいて継続されることが保証されておりますので、当面の間、新潟清心女子中学高等学校をカトリック学校と認定しました。

教区の皆様には、カトリック信仰に基づいた教育が今後も新潟教区内において継続されますよう、祈りを持って支えて下さいますようお願い申し上げます。

|

« 横山さんの葬儀 | トップページ | 日本カトリック神学院の出発 »

司教の日記」カテゴリの記事