« 教区司祭の四旬節静修です | トップページ | バチカンの外務大臣が来日 »

2009年3月13日 (金)

風には勝てません

Chokai0903 先週に続き、今月は二度目となる秋田へ出かけてきました。今回は聖霊短期大学の卒業式。その前に聖体奉仕会で会員に講話でもしようと、1日前に新潟を出たのでありました。先週、聖園短期大学卒業感謝ミサに出かけたときは、秋田はまるで春の陽気。冬のコートでは汗をかいてしまうほどの絶好の好天でした。ところが今回はまったく反対に。

確かにその日は新潟も寒かった。しかし時刻通りに12時半過ぎに秋田行きの「いなほ」は出発したのでした。新発田あたりまで何事もなく進んでいた「いなほ」は、坂町で停車した後なかなか出発しない。車内放送は「今後の運転について打ち合わせをしております」とのこと。「打ち合わせ」であります。なにぶん羽越線は単線区間と複線区間が複雑に混じり合っており、加えてJR貨物が大量の貨物列車(しかも編成が長い)を行き来させている路線でもありますから、行き違いをするタイミングと場所を確実にしないと行けないのでしょう。それから先は、徐行運転となりました。すでに村上に到着した段階で、「酒田以遠の秋田方面は運転休止」のアナウンスが。結局、強風のために徐行が続き(打ち切りにならなかっただけ感謝するべきでしょう)、酒田到着時にはすでに1時間半以上の遅れ。そこから今度はJRが手配してくれた代行の観光バスに分乗して秋田へ。秋田直通方面にはそれでも二台のバスがいっぱいになるほどの乗客がおりました。なんといっても、新潟から秋田へ行くには、自分で運転する以外にはこのJRしか交通手段がないのです。バスも走ってません。結局予定より3時間近く遅れて、夜7時前に秋田駅に到着と相成りました。

秋田は雪でありました。

そして今日は午前10時から聖霊短期大学の卒業式。なんとか天気は回復。午前中だけは太陽が顔を出しました。生活文化科93名、文化コミュニケーション科37名、音楽科16名が短大を卒業。そしてその後2年間の専攻科を終了した方が11名。皆さんおめでとうございます。

帰りの「いなほ」は、時刻通りで、無事に新潟まで戻って参りました。(写真は本日、帰りの「いなほ」から見えた鳥海山。秋田県側から)

|

« 教区司祭の四旬節静修です | トップページ | バチカンの外務大臣が来日 »

司教の日記」カテゴリの記事