« 米沢から鶴岡へ | トップページ | そして鶴岡の堅信式 »

2009年4月26日 (日)

米沢は準備万端

Yonezawa090401 米沢に行って参りました。5月16日にルイス甘糟右衛門をはじめとした53名の福者殉教の列福記念式典が行われます。小さな共同体で、準備は大変なことだと思いますが、本当に良く準備が進められていました。ミサが行われる北山原の処刑地には(本当に5月16日が晴天に恵まれますように、皆様のお祈りをお願いします。仮に雨が降ったら地面もぬかるんで、悲惨な状況になることが目に見えていますから)、新しく自然石の祭壇が設けられました。また入り口に新しい案内板が、感謝式典の数日前までには整えられる予定です。

すでに700名ほどの参加が見込まれています。北山原には残念ながら700名は入らないと思います。当日は、米沢市と警察のご理解によって、北山原の周囲の道路が通行止めになる予定です。そうすると道路にイスを並べることができるかと思います。表通りに面したところに、本当のおあつらえ向きにかっぱ寿司が立っています。以前はスーパー銭湯でした。スーパー銭湯が廃業したときに、無理をしてでも土地を手に入れておけば良かったと思っています。残念ながら、今の新潟教区の財力では不可能ですが。当日は大変混乱すると思います。忍耐を持っておいで下さいますように。

Yonezawa090402

|

« 米沢から鶴岡へ | トップページ | そして鶴岡の堅信式 »

司教の日記」カテゴリの記事