« あした輝く | トップページ | 新司祭の初任命は? »

2009年5月 6日 (水)

そして、きょう輝いた

Sakamotojokai01 フランシスコ・サレジオ坂本耕太郎さんは、本日無事に司祭に叙階されました。まずこのことをご報告申し上げます。

教区内外から45名の司祭団が共同司式に加わり、東京からは後輩の神学生たちも駆けつけてくれました。現在の日本神学院院長の牧山師と、坂本新司祭が学んでいた時期とちょうど同じ期間東京カトリック神学院の院長を務めた平田神父様もしっかりと参加してくださいました。狭い新潟教会の内陣は、共同司式の神父様でいっぱいとなりました。また聖堂に入りきれないほど沢山の皆さんが集まってくださいました。坂本神父様が洗礼を受けた八戸教会からも、また神学生時代にお世話になった小平教会からも、多くの方が参加してくださいました。聖堂に張り切れなかった皆様には、聖堂前のテントで参加して頂きました。雨が降った地域もあったと聞きましたが、新潟は本当にすばらしい天気でした。皆様本当にありがとうございます。

Sakamotojokai02 坂本新司祭も式中かなり緊張していましたが、わたしも久しぶりに足が震えるほどの緊張感を味わいました。ミサの最初にも申し上げましたが、4年前に高橋神父様の叙階式を行ったとき、本当にこれから10年くらいは司祭叙階式はないだろうと覚悟を決めておりました。その意味でも、また坂本神父様がこれまでたどってきた道程を考えても、神様の神秘的な計らいを思わずにはいられませんし、正直なところ、まさしく神はおられると肌に感じました。その意味でもわたしは、本当に緊張いたしました。

司祭は信徒の皆様の祈りによって育てられます。どうぞ司祭のためにお祈りください。

式中の写真は明日にでも公開いたしますが、とりあえずわたしのカメラの映像をあげました。新潟までおいで下さった皆様、ありがとうございました。どうか新潟教区のためにお祈りください。準備をしてくださった新潟地区の信徒の皆様、ありがとうございます。そして参加して下さった新潟教区の信徒の皆様、ありがとうございました。

|

« あした輝く | トップページ | 新司祭の初任命は? »

司教の日記」カテゴリの記事