« 新司祭の初任命は? | トップページ | きょうは横手で堅信式でした »

2009年5月 8日 (金)

教皇様、聖地巡礼の旅へ

教皇様はイタリア時間の本日5月8日から15日までの予定で、聖地など中東を訪問されます。第十二回目となる今回の海外への旅行について、教皇様ご自身が5月3日のアレルヤの祈りの際に次のように語っています。

「わたしの訪問の目的は、日々、多くの困難に直面している聖地の信者を強め、励ますことです。わたしは使徒ペトロの後継者として、聖地の信者に、教会全体の連帯と支えを伝えます。さらにわたしは、すべての人の父である唯一の神の名において、平和の巡礼者となります。わたしは、公正と相互の尊重による堅固で持続的な平和を実現するために対話と和解の実践に努める人々のために、カトリック教会が献身することをあかしします。最後に、今回の訪問は、エキュメニズムと諸宗教対話の上で大きな意味をもちます(中央協HPから)」

教皇様はまず5月8日に、ヨルダンの首都アンマンを訪問されます。その後イスラム教のリーダーたちとの面談を含むさまざまな行事を行い、10日にはアンマンでミサを捧げます。11日にはヨルダンを発ちイスラエルのテルアビブへ。そしてエルサレムへ赴き、イスラエルの大統領との会見や諸宗教リーダーとの会見。12日はエルサレムで諸行事。

5月13日にベトレヘムの御降誕教会の前でミサを捧げ、難民キャンプの訪問。14日にはナザレへ。イスラエルの首相との会見も予定されているようです。そして15日は再びテルアビブからローマへ戻られる。

教皇様の旅の成功のためにお祈りいたしましょう。

|

« 新司祭の初任命は? | トップページ | きょうは横手で堅信式でした »

司教の日記」カテゴリの記事