« 次の一年は「司祭年」です | トップページ | 長岡地区大会、松之山マリア観音で開催 »

2009年6月 6日 (土)

花園教会にて

Shibuya_2 今日は午後2時から新潟駅の近くにある花園教会で、追悼ミサを司式させて頂きました。小教区で私が直接追悼ミサを司式させて頂く機会はあまりないのですが、今日は特別です。25年前、1984年6月19日に名古屋で亡くなられた渋谷光江さんの追悼ミサです。

わたしが中学一年生で神学校へ入ったのが1971年です。修道会の小神学校ですから、その時からほとんどの生活が修道院での暮らしとなりました。その時すでに渋谷さんは神学校の台所で働いておられました。その時以来の関係です。84年に一緒だったポーランド人の神学生ラインホルドが悪性リンパ腫瘍で入院したとき、渋谷さんは他の人たちとともに彼の病室で付き添いをして下さいました。彼が亡くなったのが84年の5月20日。そして付き添って彼を励まして下さった渋谷さんが、急に亡くなられたのがちょうど一ヶ月後の6月19日。その数年前から患っていた乳ガンが悪化したためとうかがいました。神学校で行った葬儀では、わたしも神学生聖歌隊の一員として参加していました。その時渋谷光江さんは53歳でした。

その意味で、25年たった今、彼女の故郷の新潟で追悼ミサを捧げる機会を得たことは、ほんとうに不思議な縁だと思います。

明日の日曜日は、三位一体の主日です。長岡地区信徒大会のため、十日町市の松之山にあるマリア観音あたりを会場に行われます。また新潟教会では、外国籍の方々のための医療相談会の開催です。

|

« 次の一年は「司祭年」です | トップページ | 長岡地区大会、松之山マリア観音で開催 »

司教の日記」カテゴリの記事