« 復帰しました | トップページ | 8月となりました »

2009年7月31日 (金)

カ障連全国大会、明日から新潟にて

Kashorenjyunbi_2 カ障連の第10回全国大会が、明日と明後日、新潟市で開催されます。カ障連とは「カトリック障害者連絡協議会」の略称です。全国大会の会場は新潟市総合福祉会館で、明日午後1時からクラレチアン会の昌川信雄神父様の講演で開始され、日曜日10時半からのミサで終了となります。なお参加申し込みが事前に必要で、すでに申し込みは締め切られています。

今回のテーマは「生活を通して神の国をめざそう~孤立から信頼へ」。全国から200名以上の参加が見込まれています。3年前の前回大会は東京で行われ、わたしも講演をするために最初の日に参加しました。さすが東京だけあって、動員されているボランティアの方々の人数が違います。3年前に東京で、「次回は是非新潟で」との打診を受けたときにも、ほんとうにこの人たちは新潟へやってきて大丈夫だろうか、新潟の現実を知っているのだろうか、などと心配をしましたが、同時に全国から参加者が訪れることで教区に新たな命を吹き込むことになるのではないかという期待も芽生え、「どうぞおいで下さい」と申し上げました。カ障連のスタッフとともに準備にあたられた新潟教区の方々には、たぶん、「とんでもない催しを持ち込んできた」と思われてしまったかもしれません。申し訳ありませんでした。そしてこれまでの長い期間と、この数ヶ月間の集中した準備、ほんとうにありがとうございます。(写真は最後の追い込みに資料などの袋詰めをする皆さん)

これまでの各地での大会とは違う、いろいろと課題のある大会になるのやもしれません.でもこれも日本の教会の現実です。そのなかで、最善の方向を見出しながら、共に歩む道を探っていきたいと思います。新潟へおいで下さる皆様、ようこそ。どうぞ新潟まで安全で楽しい旅行をなさいますように。

|

« 復帰しました | トップページ | 8月となりました »

司教の日記」カテゴリの記事