« 東京教会管区会議終了 | トップページ | 仙台で人権シンポジウム »

2009年7月13日 (月)

米沢にて

Takamiyonezawa 先週土曜日の仙台行きの前に、金曜日に米沢へ行きました。新潟から仙台へ行くには、新幹線の大宮乗り換えよりも、磐越道を通って郡山から東北道で仙台へ車で行く方が便利です。しかし米沢はこのルートからちょっと外れています。米沢へよったのにはもちろんわけがありました。

今回の仙台でのシンポジウムに参加する高見大司教と松浦司教のお二人が、この機会に米沢の殉教地を訪れたいと希望されていたので、それならばとわたしも合流して、米沢から仙台へはわたしの車でご案内することにしたのです。

米沢教会の成田主任司祭にも加わって頂き、北山原殉教地で祈りを捧げて頂きました。またお昼には上杉伯爵邸で一緒に食事をいただきました。上杉伯爵邸はわたしも初めて入りましたが、明治29年(1896年)に上杉家14代上杉茂憲(うえすぎもちのり)伯爵の居宅としてこの地に建築されたもので、登録有形文化財だそうです。米沢は大河ドラマ「天地人」のおかげで大勢の観光客が訪れており、この日も金曜日という平日のお昼であったのに、上杉伯爵邸も客で一杯でした。両司教には次回は巡礼団でも率いて、北山原を訪れて頂ければと思います。また北山原の地も、今回の感謝式典にあわせて祭壇や掲示を整備しましたが、今後も少しずつさらに巡礼地としてふさわしく整備を続けて行ければと思います。(写真は殉教地について成田主任司祭の説明を受ける両司教)

|

« 東京教会管区会議終了 | トップページ | 仙台で人権シンポジウム »

司教の日記」カテゴリの記事