« 8月となりました | トップページ | カ障連新潟大会、盛況のうちに無事閉幕 »

2009年8月 1日 (土)

第10回カ障連全国大会始まる

Kashoren2 第10回目となるカ障連の全国大会が新潟市総合福祉会館で、本日午後1時から始まりました。全国から250名を超えるカ障連会員とサポーターの方々が集まって下さいました。

お昼過ぎに会場周辺へ到着すると、交差点ごとに制服のお巡りさんが立って交通整理をしているではありませんか。さすがカ障連と一瞬思いましたが、これは同じ時間に200メートルほど離れた万代のバスセンターあたりで演説をするために新潟入りした麻生首相の警護のためでした。麻生首相はこれに先立って午前中に暑い中、カテドラルの近くとなる、横田めぐみさんの北朝鮮による拉致現場などを視察されたのでした。

さてカ障連の大会はまず総会が行われ、これまで三年間の活動報告や会計報告の承認、そして今後3年間の活動計画や予算の承認、そして役員改選が行われ、現会長の中原みえ子さんが再選されました。

その後クラレチアン会の昌川信雄神父様による「生活を通して神の国をめざそう」という大会テーマに沿った講演をいただきました。昌川神父様の人生体験に基づくお話には、多くの参加者が感銘を受けました。

その後分科会が行われ、そして夕食会。さまざまな事情から今回は同じ会場で一緒にお弁当をいただく形の夕食会となりましたが、そのぶん、各地からの歌や出し物もあり、最後には新発田の森田さんが中心になって、幟を立てた大行列を行って締めとなりました。

絶対的に人数が少ない中、多くの新潟教区の信徒の方々がボランティアに駆けつけ、また大会に参加して下さいました。感謝します。特に準備にあたられた新潟教会の斎藤清さんを始め多くの方々に、心から感謝します。

Kashoren3 Kashoren1_2

|

« 8月となりました | トップページ | カ障連新潟大会、盛況のうちに無事閉幕 »

司教の日記」カテゴリの記事