« 秋田マックで火災 | トップページ | FABC総会のためマニラへ »

2009年8月 7日 (金)

新潟は夏祭り

Mikoshi 新潟市では今日から日曜日までが、毎年夏の恒例、新潟まつりです。今朝方は大雨で、本日夜の民謡流しの開催が危ぶまれましたが、夕方には雨も上がり、いつものように市内の目抜き通りを通行止めにして行う民謡流しが、無事行われています。明日も一日、市民みこしなどの行事が市内各地で行われ、日曜日の夜には花火大会です。日曜日は午後から新潟教会で平和旬間行事である大阪教区の和田神父様による講演を聴き、平和祈願ミサに与ってから、花火大会へどうぞ。わたしは夜にはマニラ行きの移動を始めますので、講演会まではご一緒いたしますが、今年は花火を見ることができそうにありません。

おまつりの公式ホームページによれば、「新潟まつりは、住吉祭、商工祭、川開き、開港記念祭という歴史ある4つの祭りが一つとなって昭和30年に第一回がスタート」したのだそうです。今年は天候不順であまり夏が来たという気がしないのですが、実は新潟の夏はとても暑いのです。(写真は新潟三越の入り口前に置かれていたおみこし)

本日午前中の大雨で、石黒神父様が主任司祭を務める三条教会は、敷地の中にだいぶ水が入り込んだようです。以前から三条教会は水に弱い教会です。周囲に較べて土地が低くなっているため、道路から溢れた水がすべて教会の敷地に流れ込んでしまうのです。幼稚園の園舎や教会の建て替え(現在の教会は幼稚園園舎の二階にあり不便です)なども考えなければならない時期にきていますが、土地もどうにかしないといつまでも水に悩まされることになります。

先日火災の被害にあった秋田マックですが、居住していた方々はとりあえずの落ち着き先が見つかったとのことです。明日理事会が秋田で開かれ、今後のことについて話し合われることになるとの報告をいただきました。マックにしてもダルクにしても、昨今の社会で起こっている事件を見るまでもなく、アルコール依存や薬物依存は現代社会の抱える大きな苦しみです。依存症に悩む人だけではなく、周囲の多くの人も巻き込んでしまうことがあります。その意味で、マックやダルクの活動は、今本当に社会に求められている活動だと感じます。秋田マックの再建に、多くの方のご理解と支援をお願いしたいと思います。また新潟ダルクはさまざまな壁を乗り越えなくてはならず、まだまだ準備段階です。

|

« 秋田マックで火災 | トップページ | FABC総会のためマニラへ »

司教の日記」カテゴリの記事