« 上尾教会で講演 | トップページ | 台湾での黙想会からの写真 »

2009年10月13日 (火)

佐藤允広師、司祭叙階銀祝

M_sato_ginsyuku113 新潟教区司祭の佐藤允広神父様の、司祭叙階銀祝のお祝いが、体育の日の昨日午前11時から、佐藤師が主任司祭を務める新発田教会で行われました。ミサには教区内外からの13名の司祭をはじめ、200名を超える方々がお祝いに駆けつけて下さいました。全国的によく知られているアントニン・レーモンド設計の新発田教会ですが、普段の4倍近い200名を超える人たちが良く中に入ったと驚きましたが、その分熱気のこもったお祝いのミサとなりました。ミサの司式は私、説教は東京教区の吉池神父様でした。佐藤允広師と吉池師は、ローマで一時一緒に過ごしていたとのことで、その頃からの思い出や吉池師が新潟の青山教会で働いておられた頃の思い出などを中心に、ユニークな佐藤師の司祭として生きる姿勢について語って下さいました。

ミサ後には会場を近くの月岡温泉に移し、清風苑の宴会場で祝賀会となりました。準備して下さった新発田教会の皆様、本当にご苦労さまでした。そして佐藤神父様、25年間ご苦労さまでした。そして50周年を目指して、その頃はすでに80歳を超えておられるでしょうけれども、まだまだ教区のために力を貸して下さい。主任司祭として、また幼稚園の園長として、さらなるお働きに期待しています。

写真はミサ後に一緒に記念写真を準備しているところです。教会前の市道が拡幅整備されたおかげで、今回初めてこのように聖堂を背景にして集合写真を撮影することができるようになりました。

|

« 上尾教会で講演 | トップページ | 台湾での黙想会からの写真 »

司教の日記」カテゴリの記事