« 高田教会創立100周年 | トップページ | アシジの聖フランシスコのお祝い »

2009年10月 4日 (日)

新発田地区信徒大会開催

Shibatashinnto01 新潟県内には新発田地区、新潟地区、長岡地区の3地区が存在します。新発田地区は以前神言会が担当していた地域ですが、合併で新潟市に含まれるようになった小教区もあるのですが、以前のままの地区割りを維持しております。本日はその新潟市に合併で含まれることになった旧新津市にある新津教会を会場に、新発田地区信徒大会が開催されました。新発田教会、新津教会、加茂教会、三条教会、村松教会、見附教会、栃尾教会から、100名近い方々が新津教会に集まりました。

今回は新発田地区の信徒使徒職協議会が、「福音宣教における信徒の役割」をテーマに取り上げ、福音宣教への取り組みの可能性を皆で学び話し合いました。10時からのミサは私の司式で、地区のすべての神父様方との共同司式ミサ。その後、オリエンス宗教研究所で発行している月刊誌「福音宣教」の編集長である鈴木隆氏から講演をいただきました。鈴木隆氏は本業として葬儀屋さんを営んでおられますが、そこでの体験を元にして、交わりの共同体づくりと福音宣教について語って頂きました。

お昼には新津の信徒の皆様が用意してくださった豚汁を皆でいただきました。昼食後にはそれぞれの小教区から、福音宣教への取り組みを分かち合って頂き、最後には新津教会主任の鎌田神父様(御年80歳)から講評といいますか、お話をいただいて、その鎌田神父様の伴奏で皆で聖歌を合唱して終わりとなりました。鎌田神父様からは、他の地区と比較しても新発田地区の洗礼数が少ないことへの言及があり、司祭も信徒も一丸となって、宣教を自分の課題としてとらえ取り組もうという呼びかけがありました。

聖堂入り口あたりでは新潟の若者たちが、手作りのミニロザリオを販売していました。自分たちで作ったロザリオは、なかなか評判でした。

準備をして下さった新津教会の皆様、ご苦労様でした。地区の皆様、これからも宣教に熱意と希望を持って取り組みましょう。

Shibatashinnto02_2 Shibatashinnto03

|

« 高田教会創立100周年 | トップページ | アシジの聖フランシスコのお祝い »

司教の日記」カテゴリの記事