« 地主司教様に感謝のミサ | トップページ | 世界病者の日 »

2010年2月 9日 (火)

ロシアへの足

Sapporo02

写真は一昨日、札幌のカテドラル北一条教会で午後から行われた、地主司教様への感謝ミサの様子です。新潟教区の方々には、どことなく雰囲気の似ている聖堂というイメージもあるかもしれません。天井が船の底のようになっている構造で、新潟よりは天井が低く感じます。また札幌では箱形のパイプオルガンが祭壇内陣の前、向かって右側に配置されております。祭壇の後ろ側に司教座が配置されておりましたが、座ってみるとこれが思いの外座面が高く、足がつきません。新潟も以前は座面が高くて足がぶらつきましたが、現在はいすを変更したために解消されました。それほど足が長くはないものですから。

さて、今朝の新潟日報によれば新潟とハバロフスクやウラジオストクを空路で結んでいるウラジオストク航空は、この夏スケジュールから成田空港にチャーター便として週に2便を飛ばすことにしたために、新潟便を減便することに決定したと報じられておりました。これまで金曜日と月曜日に飛んでいたハバロフスク線は3月末から水曜日だけになるとか。長い歴史を持った路線であるだけに残念ですが、ロシアの企業も昔と違い私企業ですから、リスクをとることはできないのでしょう。とはいえ、このフライトを前提として、新潟教区とハバロフスクの教会との友好関係を深めようとしていた矢先です。しかもやっと道筋が見えてきて長期的な関係が確立されそうとなっているこの時点で、この決定は打撃であります。今朝方新しく赴任してきたロシアの総領事と新潟市長が面談し、路線の維持や週2便の復活を要請したとニュースで聞きましたが、何とか新潟市にもがんばっていただきたいと思います。

以前、ダリアビア航空が破綻してこの路線の存続が危ぶまれたとき、ウラジオストク航空が路線を引き継いでくれて何とかここまできていたのですが、さすがにウラジオストク航空もハバロフスクとウラジオの二便はきつかったのかもしれません。巨大マーケットである首都圏から観光需要をと考えての成田選択かもしれません。もっとも成田に移ることが、必ずしもベストの選択ともいえません。都心やそのほか周辺地域からのアクセアスのことや、国内各地との接続のこと、また空港自体の利便性などを考えれば、ロシア極東路線の規模であれば小規模で使いやすい地方空港発着を維持した方が、ビジネス的にはベターな気もします。新幹線で新潟に入りバスで空港へ向かって登場するのも、アクセスが改善されつつある現在、思いの外便利になっています。もちろん空港の小さい規模が、混雑することもなく飛行機までたどり着ける環境を生み出しているし、国内線との連携をもう少し改善できれば、各地からロシアへ飛ぶ利便性を向上させることもできます(その意味で、福岡線は何とかならないものかと思います。以前、前日の夕方に福岡から飛んで一泊して翌日午後ハバロフスクへ出かけた人に出会ったことがあります)

とにもかくにも、ウラジオストク航空。がんばってくださることを期待します。応援します。

|

« 地主司教様に感謝のミサ | トップページ | 世界病者の日 »

司教の日記」カテゴリの記事