« 新潟で聖香油ミサ | トップページ | 聖木曜日・主の晩餐、2010 »

2010年3月31日 (水)

札幌でも聖香油ミサ

Chrismsapporo

本日午前10時半から、札幌教区のカテドラル、北一条教会で、聖香油ミサを執り行いました。広い北海道ですからさすがに司祭団が総揃いというわけにはいきませんが、30名ほどの司祭が共同司式に加わってくださいました。また聖堂にいっぱいの信徒の方々も、共に祈ってくださり感謝します。

新潟教区の聖香油の器は陶器です。札幌教区はその昔、キノルド司教の頃から使っているとかいう立派な容器です。奉献の時に私の席まで油を運んでくれた司祭が、苦しそうな顔をしていました。そんなに重たいのかといぶかしく思いながらおりました。拝領祈願後に聖香油の聖別のために机のところまで出てフタに手を伸ばし外そうとすると、このフタが重たい。フタだけであの重さですから、容器全体はかなり重いはず。運ぶ司祭が苦しそうな顔をするわけです。ミサの最後の行列では若手の三人の司祭が必死になって三つの容器を運び、待ち構えていた教会の女性陣が手際よく小さな瓶に移し替えてくださいました。(上の写真)

司祭団と一緒にお昼をいただいた後、午後1時過ぎからは札幌教区の顧問会。3時過ぎに顧問会を終え、苫小牧の神父様に空港まで便乗させていただき、5時20分の北海道国際航空便で新潟へ戻りました。明日はもう4月。早速明日の朝9時から新潟の見附で、新潟カリタス会の辞令交付式です。そして夜7時からは主の晩餐のミサが、新潟教会で行われます。どうぞご参加ください。

|

« 新潟で聖香油ミサ | トップページ | 聖木曜日・主の晩餐、2010 »

司教の日記」カテゴリの記事