« 時間は駆け足で過ぎていく | トップページ | 札幌教区神能神学生、祭壇奉仕者に »

2010年3月20日 (土)

今日は札幌へ移動

Seinen

秋田で合宿をする青年たちは、今朝方7時過ぎに出かけていきました。写真は出発前に、新潟教会の信徒会館前で、引率の坂本師に導かれてお祈りを捧げる青年たち。出発間際まで、どの車でどうやっていくかなかなか決まらないところも、現代の青年たちなのかもしれません。結局青年たちの車2台で出発。新潟以外から加わる青年もいるので、最終的には坂本師も入れて13名が参加することになったそうです。今回は成人青年の集まりということで、これからの教区の青少年活動をリードする責任ある立場としてどのようにするべきなのかを、聖体奉仕会を会場に徹底的に話し合うのだそうです(そうだったよね?)。結果が楽しみです。月曜日の夕方には新潟へ戻ってきます。

私は夕方の飛行機で札幌へ。午後には新潟で、自分が一番嫌いなお買い物に出かけたためなのか、やはりちょっと心もバタバタしていたのかもしれません。持ってくるべきものはみんな鞄に詰めたつもりだったのですが、肝心の札幌司教館の玄関の鍵を忘れてしまいました。(私は店員さんとやりとりをする、例えばデパートのようなところで買い物をするのがとても苦手です。意外に思われる方もおられるようですが、人前で話すのも本当は苦手です)。

今日の午後は西日本からだんだんと天気が崩れたようで、夕方7時15分の新潟発新千歳行きの北海道国際航空便は、追い風に乗ったのでしょう。時刻表よりも15分も早く到着しました。今日も札幌便はなかなか良い搭乗率のようでしたが、久しぶりに空港の保安検査場で係員に切れまくっているビジネスマンを目撃。ところで昨年12月から持ち込み手荷物の規制が厳しくなった理由は何でしたっけ?到着した札幌はみぞれの天気。日中は20度を超えていた新潟から、冬の北海道です。明日の夕方には教皇大使も札幌入りですが、月曜日の地主司教金祝は吹雪になるようで、北海道的な一日になりそうです。

|

« 時間は駆け足で過ぎていく | トップページ | 札幌教区神能神学生、祭壇奉仕者に »

司教の日記」カテゴリの記事