« 柏崎教会で堅信式 | トップページ | そして名古屋 »

2010年4月22日 (木)

難しい注文

温かくなったり寒くなったり、不順な天候です。昨日は非常に暖かな日であったためコートを新潟に置いて東京へ来たのですが、今日の東京の寒いこと。来週は札幌から再び東京へ来なければなりませんが、この時期は普段でも着る物に困るのですが、今年はその度合いが激しいように感じます。今朝の朝日新聞一面に、高見大司教率いる巡礼団が、「被爆マリア像」を教皇様にお見せしている写真が掲載されていました。この後ゲルニカへ出かけ、その後ニューヨークの国連を訪問する予定です。

さて先日も書きましたが十数年ぶりに歯医者に通っております。昨日も治療に出かけました。あごの関節ががくがくするのは一向に良くなりませんが、いずれにしろ寝るときに使うマウスピースを作ってくださるとかで、その前に歯のクリーニングとあいなりました。歯石を取り除き歯を真っ白にしてくださる。どうしているかは知りませんが、高圧で水を吹き付けるのか何なのか、口の中は水でいっぱいになり、頭のてっぺんにすさまじい音が響き渡り、「痛かったら言ってくださいね」と言われても、「これでどうやってしゃべるのか」などと思案しつつ、結局しゃべれなくて喉に水が入り込み急に咳き込んでみたり。新しい体験を、この年でしております。苦しくなったら「助けてくれ」と押すボタンでも椅子につけたらどうかと思ってみました。

先日、新潟県にある三条教会の信徒代表団が、主任の石黒神父とともに、司教館に来られました。お話は、三条教会の建て直し。現在の聖堂は、その昔、神言会員がいたころのものですが、幼稚園の園舎の二階に併設されており、非常に不便であることとともに、老朽化も進んでいる。そのため数年前から信徒の方々は積み立てを行ってきました。そろそろ新しい教会をと考えていた矢先、2004年7月に三条は水害に襲われ、計画は一時中断。その後もいろいろと検討を続け、やっと原案がまとまったとのこと。教会では先日、信徒総会も開かれて話し合いが行われ、新築が決議されたとのことでした。信徒の皆様のご努力に敬意を表します。着工までには、各方面との調整や宗教法人としての手続き、また新年度から新設される建設共済委員会での審議など、通過しなくてはならないことが多くありますが、できるだけ早い時期に皆様の夢が現実のものとなるように、努力したいと思います。

|

« 柏崎教会で堅信式 | トップページ | そして名古屋 »

司教の日記」カテゴリの記事