« 御復活、おめでとうございます。(徹夜祭) | トップページ | 4月の予定 »

2010年4月 4日 (日)

御復活の主日

Easter1001

新潟の御復活の主日は、とても穏やかで暖かな日曜となりました。本当に御復活が来たと肌で感じるような、すばらしい一日でした。とはいえ、新潟市内では桜はまだです。咲いていません。やっと冬が終わり、これから数日間で、春らしくなるのかなと期待させるような一日でした。

新潟教会の御復活の主日9時半のミサには、200人近い人が参加してくださったのではないでしょうか。クリスマスほどではないものの、聖堂はいっぱいでした。特に今日は、普段はなかなか耳にすることのない子供の声や走り回る音が響いて、いつにはない活気を感じることができました。そしてミサの中では、お一人の幼児洗礼式を行いました。おめでとうございます。洗礼を通じて、復活された主の新しい命にあずかる私たちにとって、このお祝いの時に洗礼式に共にあずかることには象徴的な意味がありますし、それが新しいいのちの息吹を感じさせる赤ちゃんの洗礼であればなおさらです。拝領後に復活の卵を祝福するのを忘れてしまいましたが、これはその後坂本師が祝福してくださり、ミサが終わって退堂される方々に、青年たちが玄関先で配布してくれました。

Easter1002

ミサが終わってから信徒会館ホールで祝賀会。これも用意された席がほとんど埋まるくらいの盛況でした。近頃侍者を積極的に引き受けてくださる若いお父さんたちをはじめ、比較的若い層の方々が中心になって、祝賀会を進めてくださいました。感謝します。祝賀会ではいつものようにピアノを弾いて歌を歌わさせていただきましたし、江部主任司祭も、得意の尺八を披露してくださいました。

また午後2時からは英語ミサもあり、その後ホールで、いつものように楽しいパーティーとなりました。皆さん本当に御復活おめでとうございます。

|

« 御復活、おめでとうございます。(徹夜祭) | トップページ | 4月の予定 »

司教の日記」カテゴリの記事