« 加茂では桜が満開 | トップページ | カリタスジャパン全国担当者会議など »

2010年4月26日 (月)

春も間近の札幌で

Hanakawa

昨晩から札幌へ来ております。時刻の変更で、新潟空港発の最終便はこれまでの名古屋行きから札幌行きへと変わりました。北海道国際航空と全日空との共同運航便ボーイング737はほぼ半分ほどの席が埋まっていました。札幌便は現状では一日2便ですが、けっこう利用されていると感じます。夜9時少し前に新千歳に到着。やはりまだ北海道の夜の空気は冷たい。さすがにもう雪はありません。今朝は司祭団の月例会のために花川の藤学園に隣接するゲオルギオのフランシスコ修道会の花川マリア院へ。札幌教区の管理者になって初めて、雪のない花川を見ることができました。日差しも暖かいと感じたので、時間の合間に外を歩いてみたら、やはり風がまだまだ冷たい。春はまだちょっと先のようでした。(写真は花川マリア院)

本日の集まりは、ちょっと出席率が低調。というのも市内各所の教会で信徒の方の葬儀が相次いだためとか。花川マリア院でもシスターがお一人亡くなられたということでした。

本日の集まりには、長崎教区から派遣され、函館の旭ヶ岡の家で理事を務めてくださる山内実神父と、マリア会の札幌光星高校に関わられる冨木神父のお二人も参加してくださいました。これからもどうぞよろしくお願いします。午後には札幌教区の顧問会も開催。明日は朝から東京へ移動して、午後からカリタスジャパンの全国教区担当者会議に出席です。

|

« 加茂では桜が満開 | トップページ | カリタスジャパン全国担当者会議など »

司教の日記」カテゴリの記事